2021年03月10日

薪ストーブ 暖かく燃えていますか?(U)

前回の続きです。
信濃毎日新聞の担当者からのコメントです。本旨を損なわない程度に抜粋しています。

県の水大気環境課によると「住宅地での薪ストーブ利用自体を規制する法規制はない」とのこと。
・「困っているが近所なので言えない」の声が目立つ。
・住宅地だけでなく、山間地からも同様の意見も。
・深夜の新聞配達で煙や臭いを感じた。「使用者はこのことを知らないのかも」
・「住宅密集地での使用は控える時代になった」という意見も。
・「使い方、まきの種類、煙突の立て方、管理に原因」という指摘も多い。
・「やんわりと、あるいは地域の広報を使って先方に伝える」という提案も多かった。

薪ストーブは、輻射熱が家を温めるため、いつまでもほのぼのとした温かさが続きます。
「遠赤外線で・・・」という効能を唱える人もいるようですが、異論を唱える人もいます。

いずれにしても
「薪ストーブで体と心を温め」「薪ストーブを慈しみ」「薪ストーブライフを楽しむ」ことが
人生を豊かにしてくれると思っています。
薪ストーブが自分だけでなく、周りの人も温めてくれますように!
                        ( T.H )
世界中が「地域資源循環型の持続可能な未来」を模索しています。
薪ストーブは、まさしくそれを実践しているものです。
環境省も、薪ストーブ、特にペレットストーブに対しては、日本で初めてのガイドラインを策定しました。
参考として、URLを貼っておきます。
http://www.env.go.jp/air/info/biomass-stove.pdf#B0006
210310.jpg

杣人の会


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村
posted by そまびと at 15:10| Comment(0) | 薪について