2022年09月19日

【 第2回 伐採研修 】行いました。

今回は「伐採した木の枝処理(枝払い)と玉切り」を行いました。

お詫びです。
枝処理の写真を撮り忘れました!

伐採木はカラマツで、枝の張りも大きくなかなか厄介でした。
 気をつけること
1. いきなり根元を切らない。 
特に、長く太い枝は、いきなり枝元から切り落とすとチェーンソーが挟まれます。
また、跳ねることがあります。
        → そんな時は、枝先から切り落とします。
          枝の自重が軽くなると、挟まれることなく、楽に切り落とせます。
48DA16F1B5A3430095A3B5A3BEC2C48B.jpg
2. 地面にくっついている枝(下側の枝)は、切るとバネのように跳ねます。
   幹を支えているので、当たると大けがになります。  
   また、幹が支えを失って動くことがあります。
3. 枝は、幹に沿って切り落とします。
     → いわゆる「ツノ」を残さないように、幹に沿ってカットします。
枝払い.jpg
4. 幹の左側に立ち、木の根元から先端に向かって枝を払います。
    幹の左側(自分が立っている側)の枝を払うときは、足を切らないように要注意です。

◎ 玉切りです。
  40cmの印をつけておき、順番に切ります。
  チェーンソーのスパイクというギザギザを使うと切りやすい。
  中腰の姿勢はきついので、膝をつき楽な姿勢で切ります。
  「曲がった!」という声も。
     → チェーンソーの持ち方や刃がきちんと研げていないことが原因かもしれません。
玉切り1.jpg
玉切り2.jpg
◎ フェリングレバーを使い、木を回します。
  下側の切り口を上側に回せるので、楽に切り落とせます。
レバー.jpg
◎ 前回、掲載を忘れたスローラインのウェイトの写真です。
スローライン.jpg
◇ これで「伐採研修」は、ひとまず終了です。
  10月には「チェーンソー整備の仕方」という講習を開催します。
  お楽しみに!
            ( 会員 T・H )

杣人の会


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村
posted by そまびと at 16:06| Comment(0) | 講習会