2018年09月12日

台風21号による倒木の後始末

台風21号は各地で大きな被害をもたらせましたが、ここ原村でも最長3日という長い停電がありました。
八ヶ岳にある村なので停電の原因はほとんどが倒木によるものです。

台風21号通過後、エコーラインの道路沿いにぽっきりと折れた木が2本見えました。
知人の所有地だったので、申し出てきれいに処理しました。

180912_01.jpg

上里の交差点にも、大きな木が倒れていました。
根っこから持ち上がっていました。
地主さんが一人で歩道にかかっていた枝を落としていました。
杣人の会も何か手伝うことがあれば・・・。
翌日業者が、重機を使って本格的に処理していました。
「産業廃棄物で全て捨てる」と言うのです。
もったいないので薪として活用するため、2mの材を玉切りにして深山フィールドに運びました。

他にも、台風の倒木処理の依頼が入っています。
少しでも、手助けできれば・・・。

杣人の会は倒木処理のあと、大きなものは薪にし、枝など薪に出来ない部分はチッパーをかけてウッドチップにします。
ウッドチップはそのままでも土に還りますが畑に埋めれば肥料になり、個人宅では雑草阻止にもなります。

杣人の会



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 諏訪情報へ
にほんブログ村
posted by そまびと at 07:57| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: