2021年10月07日

未来のコナラ林、クリ林再生へ

深山フィールドの3段目を「再生ベース」と名付けました。
6年前まで、かや(ススキ)が生い茂り、いつの間にかオオハンゴンソウの花盛り。
一昨年あたりから、刈払いを繰り返し、オオハンゴンソウも少し小さくなり、花が咲かないようになりました。

今の深山フィールド「再生ベース」には、1本の大きな木と山桜、松、白樺、山椒などの幼樹が植えられています。
20211006_144558.jpg
先日、原村が誇る「阿久遺跡」の「阿久の森」へ行きました。遺跡は、埋め戻され、中央自動車道が走っています。
「阿久の森」はコナラ、クリの木々で、縄文の森を再現されていて、気持ちの良いところです。
20210924_120949.jpg
20210924_120844.jpg
そこに、コナラのドングリやクリの実が落ちています。縄文の人々は、大地の恵みで、食生活も豊かだったと専門家から聞いたことがあります。

4年前の10月、「阿久の森」で、たくさんコナラやドングリを拾い、ビニールポットに播種、
深山フィールドで「ドングリハウス」と名付け、育てました。その苗は、30〜50cmに育ち、伐採した山林に移植しました。
20210924_120914.jpg
今年は、直に播種する方法にしました。美しい原村の林の再生を目指す、第一歩です。
木々の成長は、人の時間とは違って、悠久の時が必要です。
未来のコナラ林やクリ林を想像して、作業をご一緒しませんか?
20210924_195844.jpg
下記の作業日程です。

10/9(土) 深山フィールド 9:15〜11:15
播種位置の決定(約80箇所)、苦土石灰マーキング、穴を掘る、土を入れる、竹を立てる
持ち物 お持ちの方は、スコップ ツルハシなど。    帽子、手袋、水分
 
10/16(土) 阿久遺跡収蔵庫の駐車場集合 9:30
阿久の森で、コナラ・クリの採集(1時間程度) 採集数50個くらい
深山フィールドに戻る。「再生ベース」に直接播種、水やり。
     持ち物 シャベル、じょうろ    帽子、手袋、水分

 美しい原村の森作りを深山フィールドでチャレンジしていきましょう❣
 
 阿久遺跡の収蔵庫の見学は、後日、日程を調整して、教育委員会の方に説明をお願いする予定です。

       (杣人の会「花いっぱいプロジェクト 小林純子)

杣人の会


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村
posted by そまびと at 10:57| Comment(0) | イベント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: