2018年03月14日

「キノコ菌打ち体験講座」終了しました

前日の雪景色から一転、青空のもと「キノコ菌打ち体験講座」開始。
12人の参加者の方にスタッフから、菌打ちの説明。
 @ほだぎ3本(サクラ1、ナラ2)を選ぶ。
 Aほだぎに穴をあける。B菌のコマを打ち込む。
みなさん黙々と熱心に作業。たくさんのシイタケとナメコのことを考えながら・・・
作業の後は、『無農薬・天日干しの原村産もち米のお餅入りけんちん汁』と「野沢菜漬とセロリの粕漬」の振る舞いを楽しみました。
終了したとたん、冷たい風が・・・・・ラッキーな体験講座でした。
嬉しいことに参加された方のうちお二人が準会員として入会したいとのお申し出がありました。
また、ゲストのみなさんからは次のようなご感想をいただきました。
 〇穴あけドリルや菌打ちは初めての経験で面白かった。
 〇きのこが出てくるのが楽しみ。
 〇振る舞いが美味しかった、ごちそうさま。
 〇外での作業や食事は気持ちが良い。暖かい日で最高。  
     などなど
20180311_04.jpg20180311_03.jpg
20180311_05.jpg

杣人の会

posted by そまびと at 07:42| Comment(0) | イベント

2018年02月25日

「菌打ち体験講座」のお知らせ

杣人の会 菌打ち体験講座係

今年は異常な寒さが続き、会員の薪ストーブは大活躍しています。
さて、杣人の会では寒さも緩んできたこの時期に「きのこ菌打ち体験講座」を開催します。 ほだ木 3 本に「シイタケ、ナメコ」の菌打ちをします。ほだ木は、持ち帰ることができます。 自分で菌打ちしたキノコの栽培、収穫にチャレンジしてみませんか。
初心者の方、大歓迎です。けんちん汁の振る舞いもあります。一緒に楽しみましょう。
<開催日時・場所>
・ 平成30年3月11日(日) 10時半~13時予定(雨天決行)
・ 深山フィールド(エコーライン深山信号→八ヶ岳方向に50m→すぐ右に入る→会場) ・ 希望者はどなたでも(子ども可)
・ 先着10名(要:事前申し込み)メール info@somabito.net で受け付けています。
氏名、参加者数(菌打ち 名、見学 名)、TELを明記してください。 ・ 1000円(菌代、保険代ほか)
・ 汚れても良い服装(防寒着)、作業手袋、防塵用めがね(持っていれば)、帽子、タオル、 けんちん汁の「はし、容器」、コップ → ゴミはすべて持ち帰りです!
<菌打ちの手順>
・長さ1mのほだ木にドリルで穴を開けます。
太いほだ木は 4 列、細いものは 3 列で、10~15cm間隔で穴を開けます。 ・開けた穴に、菌のコマを木槌で強く打ち込みます。シイタケ(2 本)、ナメコ(1 本)にします。 ・ほだ木は、雨のあたる場所に低く横並べにし、5 月中旬になったらシイタケは立てかけ、ナメコは地面に直接並べて栽培します。

☆ 時間の関係で、活動内容が変更になる
場合もあります。

ご不明な点は、
090-6016-8182(田中) 090-6793-1490(小林)
*準備の都合上3月5日締切とします。

この事業は「長野県地域発 元気づくり支援金事業」として行っています。

map.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくり・地域おこしへ
にほんブログ村
posted by そまびと at 05:39| Comment(0) | イベント

2017年11月21日

2017年 薪づくり体験講座の報告 

2017年11月20日

= 2017年 薪づくり体験講座の報告 =

○ 雨天(天候の回復が望めない)のため中止にした。
当日、参加者全員に電話で連絡を行った。
  しかし、けんちん汁は前日から調理済みで、会員で会食することにした。
  量が多いため、招待者や参加申込者(近隣に在住している)に再度連絡し、会食に誘った。

参加者 参加申込者 4名(岡島夫妻、平井、千葉)、子ども1名
    招待者   9名(神林、尾島、平岡、小平、山口夫妻、小川夫妻、田中)子ども4名
    ボランティア 2名(小林純子、阿久津富子)
    会 員  山中、矢島、会田、斎藤、小林、田中

内 容  ・ 自己紹介
     ・ 会食(けんちん汁、五目御飯:非常食)と懇談 → 無料
     ・ スウェーデントーチづくりのデモンストレーション(一部参加者実技)
     ・ まき材に関する資料を配布
     ・ 解散

感 想
・原山おおかつらに移住して1年です
薪の話だけでなく、電動チェーンソー等いろいろと教えていただきありがとうございました
来シーズンの薪調達、キノコの菌打ちなど今後ともよろしくお願いします。 O・T

・けんちん汁ごちそうさまでした。朝ごはんを食べて行ったはずの子供がバクバク食べて、おかわりまでした程の絶品けんちん汁でした。雨の中の薪活はつらいので中止で良かったと思っています。
山の暮らしは初心者なのでしっかりと薪の知識を身につけていきたいと思っておりますので、またの機会がありましたら是非、宜しくお願い致します。          C・S

担当者から
・冬季の活動には、焚き火などが必要。会田さんお釜、スウェーデントーチは有効。
・役割を明確にし、事前の活動・役割分担などの確認が必要。
・写真はすでに送信済みなので割愛した。
○活動しなかったため、保険には加入しなかった。             (田中宏和)
posted by そまびと at 08:58| Comment(0) | イベント