2018年04月16日

薪 リョウブ

ツルツルした幹なので諏訪地方ではサルスベリと言われていますが、正式名称はリョウブです。

ryoubu2.jpg
この木を初めて見たのは御柱の時でした。 この木を御柱を動かしたり向きを変えたりする時の梃子としてよく使われています。

ryoubu.jpg

https://ja.wikipedia.org/wiki/リョウブ
ウィキペディアによれば昔は飢饉のときの救荒植物として利用されたと書いてあります。
救荒植物(きゅうこうしょくぶつ)とは、飢饉、戦争その他で食料が不足した時に、それをしのぐために間に合わせに食料として利用される植物のことです。
下記に例がありますが我が家の庭にもいくつか生えていますので、もしもの時には頼らなくては。

救荒植物を可食部別に挙げると、以下のように分類することができる。
全草 - ノビル、タネツケバナ、イスランドゴケ、キクノリ、スギノリ
茎 - イタドリ、ウワバミソウ、チョウセンゴミシ、ソテツ(デンプン)
葉 - ナズナ、ヒユ、ヤブカンゾウ、ヤマアザミ、アカザ
若草 - オオバコ、クサギ、タラノキ、アキギリ、マツムシソウ、ウコギ、リョウブ
根 - オケラ、アシタバ、クズ(デンプン)、ヒガンバナ
茎、葉 - タビラコ、ダイコンソウ、スカンポ、シオデ、ツルナ、スベリヒユ
地下茎、塊根その他地下部 - キクイモ、テンナンショウ、オニドコロ、チョロギ、アマナ、コヒルガオ、ミツバツチグリ、アカウレ
果実 - クサボケ、カリン、ツクバネ、イヌビワ、ジュズダマ、カラスウリ、ウグイスカグラ、イワナシ、サルナシ、マタタビ
種子 - トチノキ、カシワ、クヌギ、コナラ、ブナ、カヤ、カラスムギ、ハトムギ、イチイ、マコモ、ミノゴメ
花 - ユウスゲ、ニッコウキスゲ
葉柄 - ハマシシウド
鱗茎からデンプンを得る - アマドコロ、ナルコユリ、マンジュシャゲ、ウバユリ

杣人の会



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 諏訪情報へ
にほんブログ村
posted by そまびと at 13:51| Comment(0) | 薪について

2018年04月04日

薪 ミズキ

mizuki.jpg
これなんだか分かりますか?

先月切った「ミズキ」の切り株です。
最初は透明だったのですが、なぜか鮮やかなオレンジ色の樹液に変わっていきます。
ちょっとビックリします。
「木の切り傷から血が流れていた」という人もいます。
触ってみると結構硬く、スライムのように柔らかくはありません。
水分を吸い上げる力の強い木です。水をどんどん吸い上げるので、栄養を含んだ樹液溢れ
出ます。切ると水が出るから「ミズキ」の名がついたようです。
切ってしまったのが、申し訳なかったという気持ちになります。

下記の写真はWikipediaから拝借しました。
mizuki2.jpg

杣人の会



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 諏訪情報へ
にほんブログ村
posted by そまびと at 08:25| Comment(0) | 薪について

2018年03月27日

薪 シラカバ

都会にいる時には旅先で白樺を見かけると感動したものでしたが、移住してきて驚いたのが、白樺は良い薪として活用されているということでした。 
あんな綺麗な木を燃やすなんてもったいないような気がしますが、意外にやっかいな木なので間伐の対象にされることが多いです。

●根が浅く倒れやすい。
●樹液が甘くカミキリムシなどが幹に入り込んで、幹が腐ることがある。
●成長が早いのですぐ大きくなる。
●乾燥しやすく燃えやすい。
 (白樺の樹皮はお盆の時の焚き付けとして販売されています)

shirakaba.jpgshirakaba2.jpg

杣人の会



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 諏訪情報へ
にほんブログ村
posted by そまびと at 09:50| Comment(0) | 薪について