2021年03月10日

薪ストーブ 暖かく燃えていますか?(U)

前回の続きです。
信濃毎日新聞の担当者からのコメントです。本旨を損なわない程度に抜粋しています。

県の水大気環境課によると「住宅地での薪ストーブ利用自体を規制する法規制はない」とのこと。
・「困っているが近所なので言えない」の声が目立つ。
・住宅地だけでなく、山間地からも同様の意見も。
・深夜の新聞配達で煙や臭いを感じた。「使用者はこのことを知らないのかも」
・「住宅密集地での使用は控える時代になった」という意見も。
・「使い方、まきの種類、煙突の立て方、管理に原因」という指摘も多い。
・「やんわりと、あるいは地域の広報を使って先方に伝える」という提案も多かった。

薪ストーブは、輻射熱が家を温めるため、いつまでもほのぼのとした温かさが続きます。
「遠赤外線で・・・」という効能を唱える人もいるようですが、異論を唱える人もいます。

いずれにしても
「薪ストーブで体と心を温め」「薪ストーブを慈しみ」「薪ストーブライフを楽しむ」ことが
人生を豊かにしてくれると思っています。
薪ストーブが自分だけでなく、周りの人も温めてくれますように!
                        ( T.H )
世界中が「地域資源循環型の持続可能な未来」を模索しています。
薪ストーブは、まさしくそれを実践しているものです。
環境省も、薪ストーブ、特にペレットストーブに対しては、日本で初めてのガイドラインを策定しました。
参考として、URLを貼っておきます。
http://www.env.go.jp/air/info/biomass-stove.pdf#B0006
210310.jpg

杣人の会


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村
posted by そまびと at 15:10| Comment(0) | 薪について

2021年03月09日

薪ストーブ 暖かく燃えていますか?(T)

3月3日のひな祭りです。
1615263769192_210309.jpg
信濃毎日新聞のライフスタイル「ケンミン知恵のワ」のコーナーで『まきストーブの煙 どう対処?』を取り上げていました。

投稿者の意見です。紙面の関係で、本旨が損なわれないように抜粋しています。

・煙害で大変困っている。先方は使うのをやめる気がない。
・子どものぜんそくが悪化。隣の煙が原因と決めつけられず我慢。黒煙と臭いを確認し、勇気を出して困っていると伝えた。引っ越すまで気まずかった。
・温度を上げた方がストーブの性能も発揮できる。火を消しても長く熱を保てる。ストーブはエコな物です。「黒い煙が大量に出ています。不完全燃焼していないですか」と声をかけてみては。
・うちのまきストーブで煙が出ていました。煙突の先がタールとすすで穴が狭くなっていました。掃除後は出なくなりました。まきの乾き具合、煙突の状態などが煙の原因となります。
・煙やにおいについてはいつもドキドキしています。まきは十分乾燥させ、たき方や外の状況も注意しています。あいさつ程度のお付き合いなので、気になりつつも何年もたってしまいました。
・煙、臭いが気になった日時や曜日を記録し、パターンを見える化して対策に生かしては。記録持参で相手に改善をお願いしましょう。

私たち薪ストーブユーザーにとって、避けられない課題です
ストーブ周りをきれいにしたら、外へ出て煙突を眺めてみませんか。
                                ( T.H )

杣人の会


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村
posted by そまびと at 12:42| Comment(0) | 薪について

2021年01月31日

杣人の会の強力な助っ人たち その二

僕はPLOW製のエンジン式薪割り機で、2020年4月に杣人の会の会員としてデビューしました。
兄貴分の「BRAVEエンジン式薪割り機」にはかないませんが、小さな体に似合わず、破砕力は12トンというパワーが
あり、径40p程度の薪まで割ることができます。
使い勝手も良く、会では効率も考えて二人作業のことも多いのですが、一人でも作業できることも大きなメリットです。
日頃は、BRAVE薪割り機と一緒に作業することも多く、比較的小さめの径の薪割りを担当しています。

僕の場合、賛助会員の皆さんへの外部貸し出しも行っています。ただし、重量が100kgを超えているため、積み下ろしは二人以上が必要となりますが、自宅への配達も可能です。
また、ご自分で軽トラックをお持ちの方は、軽トラックの荷台に乗せたまま薪割りをすることもできます。荷台上で作業をしていただく条件であればそのまま運搬していただき、返却の際は荷下ろしのお手伝いをさせていただきます。
料金等は杣人の会までお問い合わせください。
担当:田中(090-6016-8182)、名取(090-2169-5648)

会員AK
DSC_0022_7.JPG

杣人の会


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村
posted by そまびと at 07:48| Comment(0) | 薪について