2018年03月18日

薪 キハダ

間伐の楽しみの1つは山の中には様々な種類の木を知ることができること。
これはキハダ。 作業場所に見本として置いてあります。 黄色樹皮、わかりますか?
kihada.jpg
この木は薬箱の木とも呼ばれ昔は各家庭に植えてあったそうです。
こんなに大きくなります。 
下記の写真はWikipediaからお借りしました。
kihada2.jpg

下記Wikipediaより転載

5月末〜7月初旬にかけて、円錐花序の小さい黄色い花が見られる。樹皮はコルク質で、外樹皮は灰色、内樹皮は鮮黄色である。この樹皮からコルク質を取り除いて乾燥させたものは、生薬の黄檗(おうばく、黄柏)として知られ、薬用のほか染料の材料としても用いられる。
カラスアゲハ、ミヤマカラスアゲハの幼虫が好む食草である。蜜源植物としても利用される。
https://ja.wikipedia.org/wiki/キハダ_(植物)

杣人の会



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 諏訪情報へ
にほんブログ村
posted by そまびと at 15:42| Comment(0) | 薪について

2018年03月16日

薪の頒布


薪がたくさんできました。
会員さんに頒布しています。

20180311_06.jpg

杣人の会



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 諏訪情報へ
にほんブログ村
posted by そまびと at 10:09| Comment(0) | 薪について

2018年03月14日

「キノコ菌打ち体験講座」終了しました

前日の雪景色から一転、青空のもと「キノコ菌打ち体験講座」開始。
12人の参加者の方にスタッフから、菌打ちの説明。
 @ほだぎ3本(サクラ1、ナラ2)を選ぶ。
 Aほだぎに穴をあける。B菌のコマを打ち込む。
みなさん黙々と熱心に作業。たくさんのシイタケとナメコのことを考えながら・・・
作業の後は、『無農薬・天日干しの原村産もち米のお餅入りけんちん汁』と「野沢菜漬とセロリの粕漬」の振る舞いを楽しみました。
終了したとたん、冷たい風が・・・・・ラッキーな体験講座でした。
嬉しいことに参加された方のうちお二人が準会員として入会したいとのお申し出がありました。
また、ゲストのみなさんからは次のようなご感想をいただきました。
 〇穴あけドリルや菌打ちは初めての経験で面白かった。
 〇きのこが出てくるのが楽しみ。
 〇振る舞いが美味しかった、ごちそうさま。
 〇外での作業や食事は気持ちが良い。暖かい日で最高。  
     などなど
20180311_04.jpg20180311_03.jpg
20180311_05.jpg

杣人の会

posted by そまびと at 07:42| Comment(0) | イベント